みぎわ ~meet!give!wonderful!~

なかったことにしないように。自分の中にわき上がる想いを言葉にして表現する場です。転勤族妻。ひとり娘子育て中。おせっかいダイスキ。

「それって交通費出るの?」という夫の言葉におびえていた私は...

どこにいってしまったんでしょう。

いいえ、正直言うとまだすこしだけ、ここにいたりします。

 

まず最初に、私は誓います。

会いたい人に会いに行く交通費をケチらない!と。

 

ふぅぅぅ言ってやったぜ。

誰に対して?

きっと夫にでもあるけど、自分自身に。

 

おかげさまで、いま私は全国に友人がいて

手紙やスカイプもいいけど、

できれば会って、一緒にご飯食べて、お酒飲んで、笑って話したい。

ほかにも舞台を観に行ったり、講座やイベントに参加したい。

 

ちょっと遠いし、、、という言い訳をしたくないのです。

だから時間とお金をかけてそこに行く。

 

産後、私がいろんなところに動き始めた時、

夫は私に

「それってボランティア?交通費出るの?」

とよく尋ねてきました。

 

それを聞いたとき、私の脳内では

「それって交通費かけてまで行くこと?赤字だよね?」

に聞こえた。

責められているような気がした。

 

だから、

時間とお金をかけて参加してきた私のとても楽しい気持ちを

汚されたような気になってた。

 

ものすごい被害妄想だわ。。。

 

よく考えてみたら、夫はごくごく当たり前に事実を確認していただけ。

そしてそれは妻にとってどんな意味が価値があることなのかを

知りたかっただけなのだ。

 

と心底思えるようになったのは、産後3年経って働きはじめ

自分で稼げるようになってからかな。

 

 

いまは、夫に「それって交通費出るの?」と聞かれたら

「出ないよー全部自腹。友だちと会って楽しんでくるね!」

と素直に返事ができる。

いまや夫は、自分が貯めたマイルを私にプレゼントしてくれます。

 

夫の言動は何一つ変わっていない。

でも、私の捉え方が変わったことで

心置きなく全国いろんなところに泊まりで遊びにいける。

 

まだ少しだけ、おびえている自分がいるとしたら...

それはあまりに遊びに行く頻度が高すぎるからか(苦笑)。

 

私は

乾杯するために

寄付という形で好きな人を応援するために

会いたい人に会いに行くために

働いて稼いでいる。

 

なんて最高の人生なのだ。

 

 

f:id:kurodamiho711:20160721133638j:plain

 

広告を非表示にする