みぎわ ~meet!give!wonderful!~

なかったことにしないように。自分の中にわき上がる想いを言葉にして表現する場です。転勤族妻。ひとり娘子育て中。おせっかいダイスキ。

コウコツノスナブロ*鹿児島家族旅行2日め

こんにちは。黒田です。

娘は今日から新学期です。

最近の小学校は毎年クラス替えがあるのですねー

娘も誰と同じクラスになるのか楽しみにしながら

登校していきました。

私も春休みお弁当の日々から卒業できます(感涙w)。

鹿児島旅行の1日めは家族全員9時には就寝しましたが

2日目の朝は6時過ぎには起床!

しっかり寝たので目覚めもいいです^^

まずはホテル朝食をー

2013-03-31 07.18.03.jpg

宿泊プランにはついてなかったので

チェックイン時追加したのですが

その料金以上の美味しさでした。

朝食が美味しいと気分がイイですよね。

チェックイン後、鹿児島中央駅までの1kmちょっとを

散歩しながら向かいます。

2013-03-31 08.58.10.jpg

途中、家庭用の火山灰収集場があったのには驚きました。

これも鹿児島ならではだなーと。

黒田清輝は鹿児島出身なのか―とか

大久保利通像!とかおのぼりしながらw駅に到着。

この日の予定は指宿に行って砂風呂体験!

運良く行きも帰りも特急「指宿のたまて箱(通称いぶたま☆)」の

チケットが取れたのでテンション上がります^^

2013-03-31 09.46.54.jpg

実は帰りのいぶたまは満席(全席指定)だったので

その1本後の各駅で帰ってくるしかないと思っていたのですが

みどりの窓口に尋ねたところ

限定5席で「立ち席」というのがあり、それは空いてますよ、

と教えてもらったのでした。

そのいぶたま内にはフリースペースの座るところもあるので

(原則的にはNGなのでしょうが)

車掌さんに確認して帰りも座ってこれた。。。ラッキー☆

でも、その立ち席の存在、そんなに知られてない気がします。

約50分ほど乗車して指宿駅に到着。

今さらですが指宿は「いぶすき」と読むんですよ。

初めて知った時は結構衝撃でした@@!!

指宿駅から車で5分ほどの「砂むし会館 砂楽」で

砂風呂初体験です。

さいわい待ち時間なしにすぐ入ることができました。

2013-03-31 12.04.51.jpg

(左下の白い屋根が砂風呂場)

下着も何もつけずに浴衣を着て、砂風呂場に到着。

おばちゃんにタオルを頭にかけてもらって砂の上の横たわります。

そしてザッ、ザザッと砂を掛けられて・・・

予想以上に砂が重いんですね。

そのプレッシャーに慣れるのに少し時間がかかりますww。

そして、砂の中で特に手首と足首の脈がドクドク言うのを

驚くほどハッキリと感じられます。

砂の温かさが本当に気持ちいいし

温度調節もできるので快適!

スコップで砂を掘ったり掛けたりするおばちゃんたちが

本当に見事な職人技で感動します。

入っているのは正味10~15分ほど。

汗がジワーッッッと出てきてものすごいイイ気分でした。

砂風呂から出た後は砂をほろって温泉に。

この温泉も前日の桜島マグマ温泉とはまったく異なる泉質で

すこしとろみがかかったような透明なお湯。

気持ちよかったですー

この日の鹿児島はかなり暖かかったのですが

夜まで体ポカポカでした。

夫は半袖でいたくらいなので。

お風呂を出た後はクイーッと生ビールにいきたいところでしたが

電車の時間もあったので歩きながら指宿駅に。

ビールは買って車内で飲みました(笑)。

鹿児島中央駅に戻ってきたのが13時半ごろ。

イイ感じにお腹が空いたところで

目指すは黒豚とんかつ&しゃぶしゃぶです!

おじゃましたのは「寿庵 鹿児島中央ターミナルビル店」です。

みよ、この美味しそうな豚肉!

2013-03-31 14.15.47.jpg

そして豚肉と焼酎合うなー

今回の旅では本当に、

いままでしらなかったいろんな焼酎を堪能できました。

その後はお土産みたり

娘のアイカツ!カードゲームに付き合ったり

こむらさきのラーメン食べたり

おもいおもいに過ごしてタイムアップ。

帰りの新幹線、

車中の飲み物(もちろんアルコールですがw)を買おうと

改札内に入ったら目の前にこんな天国が!!!

2013-03-31 17.02.13.jpg

焼酎BAR、ですよ!!

さすが鹿児島です。もう感動。

夫と二人でおつまみセットを買い

昨日からメニューで気になってたけど飲めなかった焼酎を

飲むことができて本当に幸せでした。

娘と一緒に白くまアイスも食べたよー

2013-03-31 17.43.23.jpg

今回の旅行で感じたのは

鹿児島の料理はすべて焼酎に合うように味付けされてると言っても

過言ではないかも、ということ。

もちろんお酒を飲まない人でもおいしいと感じるはずですが

すこーし甘さを感じるような味付けが

焼酎にはピッタリだなーと痛感した2日間でした。

本当にごちそうさまでした!!

次はどの街に行こうかな~今から楽しみです☆

広告を非表示にする