みぎわ ~meet!give!wonderful!~

なかったことにしないように。自分の中にわき上がる想いを言葉にして表現する場です。転勤族妻。ひとり娘子育て中。おせっかいダイスキ。

誕生日祝いの意味。~ 『隣る人』上映会&語る会vol.1 開催しました!

こんにちは。黒田です。

すっかり春ですね~

でも花冷えするあたりが手強い。。。

わが家にムスメの秘密基地a.k.a.ニトリの組合せデスク、が届いて4日。

到着したその夜から娘はひとり寝デビューしましたが

特に混乱もなく朝を迎えております^^

2013-03-24 13.50.26.jpg

こうして少しずつ自立していくんですね。

先週の土曜日は生まれて初めての経験をまたひとつしてきました。

主上映会、の開催です。

その名も、『隣る人』上映会&語る会vol.1

昨年9月、中洲大洋劇場での公開時は

スクリーンで3回観たほどの映画を

『隣る人』に隣りたい人たち、というグループを立ち上げ

主上映会を開催することになりました。

ただ、観るだけではもったいない、ということで

語る会、の時間も設けた今回。

そして、監督がDVD化しない、と公言しているこの作品、

この1回だけではなく継続的に上映会を開催しよう!という強い思いを込め

「vol.1」とつけています。

スタッフは何から何まで初めての経験。

初回、まずは自分たちの身近な人たちに声をかけて

観てもらう、ということから定員を45人にしました。

おかげさまで、開催数日前には定員に達し

キャンセル待ちの方が出るほど。

『隣る人』の上映を待ってくれている方がたくさんいたがうれしい。

2013-03-23 16.14.00.jpg

当日は、ほんとうにご参加のみなさまに申し訳ない点が多々あったものの

後半の語る会ででは積極的に思いをシェアしてくださっていました。

2013-03-23 16.34.19.jpg

みなさんが鑑賞後、イキイキと湧き上がった想いを話す姿をみて

『隣る人』の内容が他人事から、自分事にかわった瞬間をみた気がしています。

ご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました。

私自身は4度目の鑑賞だったのですが

やはり胸にこみ上げるものが今回もたくさんあり。

特に最後の方の、むっちゃんの誕生日を祝うシーンでは

『演劇1』のラストシーン、志賀さんのサプライズ誕生日祝いの場面を

同時に思い出していました。

誕生日祝いって、生まれた日を区切りにして

この日を無事に迎えられてよかったね、

今日からの一年も素晴らしいものになりますように、

という思いを込める日だと思っていました。

もちろん、こういう意味もありますけどね。

でも、『隣る人』の誕生日祝いのシーンをみていたら

この世に生まれてきたこと、

そして、いまここに存在していることを

無条件で強く肯定してくれる時間なのだな、と。

だから、自分の大好きな人と一緒にお祝いできたら

こんなにうれしいことはないのですね。

人は自分の生きる意味など見つけられないし(見つけなくてイイと思ってますが)

誰かに許しを得て生きるものでもない。

でも、「あなたがそこにいるだけで私はうれしい」という思いを

表現できる、または感じ取れる方法のひとつが誕生日祝いなのかなーと。

『演劇1』での誕生日祝いのシーンでも

いちばんそこでグワっと想いがあふれてきたのはそのせいだわ、きっと。

最後に、今回自主上映会を開催するにあたり

一緒に尽力したBossのさきちゃんはじめ、みなみやん、ジンくんたくみんふじみん

そしてFBグループ内でサポートくださったスタッフのみなさまに

心から感謝しています。

年齢や肩書をひょいと飛び越え

お互いの意見をシェアしつつ、自分のできることを持ち寄り

こうして無事に終了できたことを本当に誇りに思います。

みんな、まじリスペクトーーーー☆☆☆

2013-03-23 17.25.15.jpg

そして、私たち以前よりも隣りあえてると思わない?

これからもよろしくお願いします。

私たち、『隣る人』に隣りたい人たちは

今年中にvol.2の開催を考えています。

メンバーのひとり、ふじみんも

ファンドレイジング・サイトJustGivingでチャレンジを立ち上げていますので

ぜひぜひこれからも応援してくださいませ!!

広告を非表示にする